カエルにつられてジャンプ
ツツジの花が咲く山の池へ、僕らはやってきた。

雨の中、スイレンが葉を広げ始めた水面では、

カエルたちがしきりにジャンプしている。

体を動かすのが好きな僕らも、つられてジャンプした。

「ずいぶん元気がいいねえ」

と僕がカエルに聞くと、梅雨明けに各池対抗の運動会があるという。

水泳のほか、飛び込み、シンクロナイズトスイミング、高跳び、

幅跳びと、三段跳び、スイレンの葉を土俵にした相撲などがあり、

最後は池一周マラソン水泳で終わるという。



雨の池
「君は何の選手」と聞くと

「俺はハイジャンプだ」とカエルは答え

自慢の太ももに力こぶをつくってみせた。

必ず応援に行くことを約束し、さよならすると、カエルは

「雨天ケッコウ、カエルのツラに雨」

とおかしなことを言って僕らを笑わせた。

運動会の日には、スイレンの花がたくさん咲いているだろうと

僕は思った。



葉っぱの土俵の大一番

決まり手得意のカワズ掛け

掛け損なって、ひっくりかえる

ゲロゲロケケケ、大笑い

ゲロゲロケロケロ応援合戦

勝者の冠、スイレンの花





戻る